病院でカードを使う

病院でも使えるカード払い

カード払対応の病院が増加傾向

現在の病院では、診療費の精算支払いの際に現金のみならず、カード払いに対応している医療機関が増えている傾向にあります。個人経営の内科や小児科、皮膚科や歯科などのクリニックから、複数の診療科を標榜しています総合的なセンターや、大学病院などでは、クレジットカードでの診療費を支払うことが可能となっているところが多くみられます。特に大規模な医療機関では、診療費が高額になるケースが多いこともあって、クレジットカード払いに対応しているところが多いものです。検査費や治療費など高額が予想される場合には、クレジットカードを利用されるのもいいでしょう。

病院でのクレジットカード払い

クレジットカード払いができる病院は、それ以外のお店と比べると非常に少ないです。クレジットを導入すると実は手数料がかかります。売上(と言っていいのかわかりませんが)から数パーセントのお金をクレジット会社に支払わなければならないのです。もちろんこれはデパート、ショッピングモール、家電量販店など、他のお店であっても同様です。ただ、そういったお店は集客のため、あるいは他店との差別化のために導入メリットがあるのでしょうが、病院の場合はそういったメリットよりはデメリットの方が大きいと考えるところが多いために、あまり普及していないのでしょう。

↑PAGE TOP